当店について


祈りのときを創出する

祈りのイメージ

私達は広島県福山市で創業45年のお仏壇屋です。

しかし私達がご提供したいのはお仏壇や神棚ではありません。
それらをはじめたとした商品、供養、弔いの文化を通じた「祈りの時のある生活様式」です。

祈りの時は、願望、感謝、繋がりを感じ、本当は近くにある幸せや希望をもたせてくれるきっかけになると信じています。

モノや情報の波に飲み込まれそうな時代だからこそ、身近な生活の中でそのような時が溢れてほしい、それが私達の想いです。

 

福山江原佛具店について

 

昭和町時代の当店

昭和町時代の店舗


広島県 福山市で創業から43年目、福山市のお客様を中心とした近郊の方々にご愛顧頂き、
これまで2000本以上のお仏壇を納めさせていただいた地元密着型の家族経営のお店です。

当店のルーツは昭和9年(1934年)山口県下関市で初代社長である江原清正が江原佛具店を創業するにさかのぼります。
第二次世界大戦後の焼け野原で何かできることがないか考えた江原清正は弔いのための仏壇をリアカーで売り始めたことがはじまりです。

江原清正の三男である二代目社長、江原博司は初代社長のもとで共に仕事を行っていましたが、紆余曲折を経て山口から縁もゆかりもない広島県福山市昭和町にて昭和51年(1976年)江原佛具店の福山支店として創業。その2年後の昭和53年(1978年)3月に独立したことがはじまりです。

昭和64年(1989年)昭和町から同市内の東深津町に赤い柱と緑の屋根が特徴である現社屋に移転しました。そして平成29年、二代目社長江原博司が急逝し、全く別の仕事をしていた現代表である江原俊博が跡を継ぎ現在に至ります。

店内の写真

大切にしている3つのこと

1気軽に相談できる親戚のお店
 これって実際どうなんだろう、昔はどうだったのだろう。そのような疑問を気軽に聞ける存在でありたいと考えております。「気軽に聞ける地元に根づいた街のお店」を私達は目指しています。

2小回りをきかせます
 世の中には膨大な商品が存在します。お客様が求める商品が店頭にない場合、「ない」で終わりにせずご要望に添えるよう商品を探し、お取り寄せいたします。

3お客様の価値観が第一
 様々な価値観が台頭し、死生観も多様化しています。伝統、近代の二者択一ではなくお客様の価値観を第一とし、付随する事象のメリット、デメリットを余すことなくお伝えします。 

商品ラインナップへのこだわり

 日本国内外問わず膨大なメーカーと商品があります。その中から45年の経験及びお客様との対話で培った厳選した目線で商品を選んでおります。

さらに伝統的から、現代の生活まで。
「お客様の生活様式」を基準として商品を取り揃えております。

 

店舗について

1香るお店
 私共はお香の専門店でもあります。お迎え香を絶やしません。
様々な香木が長年混ざりあい出来た香りで是非癒やされてください。

2ゆったりお買い物
 バリアフリーかつコンパクトな店内でゆっくりとご不明点に
ついてお答えさせていただきます。お店は正月を除いていつでもあいてます。
小さいですがお店の前は駐車場です、降りてからすぐお店に入れます。

3変わる店内
 時代の変化に合わせて店内を自分たちでDIYしています。
お店が変わることでお客様に常に新しい発見をしていただきたいからです。
そして何より店内作りを通じてモノ作りの難しさを私共が学んでいます。

 

会社概要

社名 有限会社 江原仏具店
住所 広島県福山市東深津町2-8-24
資本金 3000万円
代表者 江原 俊博
主な事業内容

仏具神具等の販売

墓石の販売

ギフト販売

沿革

昭和51年江原博司が江原佛具店を創業

昭和53年有限会社江原仏具店を設立

昭和64年東深津町へ移転

平成30年江原俊博が代表取締役へ就任