Perfumeの意味をご存知ですか?(お香の話) – 福山 江原佛具店 | 仏壇・仏具・お香・線香・数珠

Perfumeの意味をご存知ですか?(お香の話)


煙の画像

広島県福山市にございます、福山江原佛具店でございます。
今回はお香のうんちく話をしたいと思います。

|Perfumeという言葉の成り立ち

Perfumeは一般的に香水や芳香の意味で認識されている方が多いと思います(広島の生んだアイドルグループがまっさきに浮かんだ方も多いのではないでしょうか)。

実は香水や芳香の意味を示す他に言葉の成り立ちとしての意味があります。それはラテン語で「Per(通じて)+fume(煙)」、煙を通して、煙によってというものです。

この言葉の成り立ちが意味することは、人類と芳香の出会いは「偶然火をつかってでた煙によってもたらされた」と言えます。つまりお香はもっとも歴史の古い伝統的なフレグランス(芳香製品)なのです。

大昔の私達の先祖が芳香を発見し楽しんでいた方法とほとんど同じお香は、時代を超え今も残っています。

時にお香に不思議な魅力を感じるのは、はるか昔人類と出会った火をつかうこと、そして火をつけたものには煙がでること、香料を焚べてあれば煙からよい香りがすることといった人々に刻まれた太古の記憶が蘇るからなのかもしれませんね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
それではまた!


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。